ヒノキのブロックを使って、「や」行をレーザー彫刻

ひらがなブロック作りも終盤に差し掛かりました。

や行は3面しかないので、小文字を隣の面に掘ってみました。

空いたスペースは、何か絵でも彫刻しようとすると思いましたが、まずは文字マスターを目指します。

レーザー彫刻機で「や」行をヒノキのブロックへ

3㎝のヒノキのブロックに「や」をレーザー彫刻

「や」を彫刻しました。

比較的キレイです。

小文字の「や」は磨くのに失敗してしまったので、割愛させてください。

レーザー彫刻機で「ゆ」行をヒノキのブロックへ

3㎝のヒノキのブロックに「ゆ」をレーザー彫刻
3㎝のヒノキのブロックに小さなゆ「ゆ」をレーザー彫刻

「ゆ」をレーザー彫刻しました。

小文字の彫刻で悩んだのがどこに彫刻するか。

真ん中だと、縦に並べたときにバランスが良いですが、横に並べたとき、見た目が悪いです。

そこで、私は横にブロックを並べて使う事が多いと思ったので、下の方の真ん中に掘ってみました。

サイコロ1個で見るとアンバランスかな?

レーザー彫刻機で「よ」行をヒノキのブロックへ

3㎝のヒノキのブロックに「よ」をレーザー彫刻
3㎝のヒノキのブロックに小さな「よ」をレーザー彫刻

「よ」をレーザー彫刻してみました。

「よ」の小文字はあまり力強さがない気がします。

今更1つ気づいた点

や行のサイコロに小文字を入れると、浮き彫り風の文字が彫れないこと。

文字が際立って見えるので、わたし的に好きだったのですが、残念です。

また、ここまで来て今更気づいたのですが、ひょっとして、3cmのサイコロの面に対して、文字が大きい・・・?

正方形の面に文字を彫刻する場合は余白が多い方が、文字のバランスが縦長でもあまり目立たないような気がします。

ひらがなブロックは子供が字を覚えるためのものなのど、小文字はひらがなブロックとしてならいらないかな?

大文字だけで、十分ですが、単語や文を作りたい人は欲しいのかなっと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

こちらもおすすめ