ヒノキのサイコロでひらがなの「た」行をレーザ彫刻

3㎝のヒノキのブロックを使って、ひらがなのサイコロを作りました。

ひらがなでなくても良かったのですが、ひらがなは50個種類があるので、50回練習できます。

「た」を文字以外の部分を焼いて焼き印風に仕上げました

レーザー彫刻で「た」を浮き彫りにした3㎝のヒノキのブロック

「た」を文字を残してレーザー彫刻しました。

文字と余白の文字の境目がはっきり出なかったので、アウトラインでなぞったので、後が残ってます。

今度からはアウトラインで最初になぞった後にレーザーをあてるとラインもキレイになくなると思います。

3㎝のヒノキのブロックに「た」をレーザー彫刻

通常の「た」はこっちです。

ひらがなの「ち」をレーザー彫刻

3㎝のヒノキのブロックに「ち」をレーザー彫刻

「ち」を彫刻しました。

た行はうまくいきそうです。

ひらがなの「つ」をレーザー彫刻

3㎝のヒノキのブロックに「つ」をレーザー彫刻

「つ」を彫刻しました。

これも良い出来栄えです。

ひらがなの「て」をレーザー彫刻

3㎝のヒノキのブロックに「て」をレーザー彫刻

「て」を彫刻しました。

これもうまくいったと思います。

ひらがなの「と」をレーザー彫刻

3㎝のヒノキのブロックに「と」をレーザー彫刻

「と」は微妙に色むらが出てしまいましたが、全体的にはうまくいった方だと思います。

焦げすぎると汚らしい感じになり、薄すぎると単調なイメージなってしまうのが、ヒノキにレーザー彫刻する時の難しさがあると思います。

た行はヒノキの木目が良かったのかな?

全体的にうまくいった印象です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

こちらもおすすめ