Adobe Fontsは本当にたくさんのフォントがあります。

下手に自分で考えるより、あるものを使った方がキレイなので、使えるものは使おうと思います。

レーザー彫刻は、全体を均一に彫刻するより、線や影を使ったものを彫刻する方が良いのでは?

っと最近気付いて彫刻してみました。

Rosella Hatchedのフォントを使ったWELCOMEブロック

斜めから見たRosella HatchedのWELCOMEブロック

Rosella Hatchedのフォントを使って、WELCOMEブロックを作りました。

ウッドブロックはセリアの3cmの木製ブロックです。

木なら何でも良いって言う人は、セリアやダイソーの木製ブロックで十分だと思います。

その方がコスパも良いですし。

しかし、百均で売っている3cmの木は天然木ですが、いくら磨いてもツヤツヤした印象にはなりません。

そこを考えるとヒノキの方が良いのかな?って思います。

セリアのフォトジェニックの星柄のシートの上で撮影しました。

ボーダーだけど、ボーダーじゃないフォト

Rosella HatchedのWをセリア木製ブロックに彫刻

このフォトはボーダーだけど、線が細いので、ボーダーっぽくない印象です。

細い線は、レーザー彫刻と相性が良いとこの前わかったので、彫刻してみました。

細い部分は焼け焦げに注意

Rosella HatchedのEをセリア木製ブロックに彫刻
セリア木製ブロックにRosella HatchedのEを彫刻

Eは狭い先端の狭いところになると、焼け焦げてしまいます。

木質が柔かいので、すぐ焦げます。

全体的にスリムなフォントデザイン

Rosella HatchedのLをセリア木製ブロックに彫刻

Lは靴のような形に見えます。

全体的に細身なフォントです。

私には的にはもっと太いほうが好きなのですが、これはこれで良いと思います。

Cのアルファベットの先端が好き

Rosella HatchedのCをセリア木製ブロックに彫刻

Cの書き始めのハネている部分が好きです。

小判型なOのアルファベット

Rosella HatchedのOをセリア木製ブロックに彫刻

Oは小判?

コーヒーの豆にも見えてきました。

全部ボーダーになってないところが良い

Rosella HatchedのMをセリア木製ブロックに彫刻

全部ボーダーになっていると、幅広な印象になってしまいますが、一部、線になっているので、のっぺりしていません。

このフォントの良い所です。

ステンシルシートよりデザイン豊富に彫刻できます

段々に並べたRosella HatchedのWELCOMEブロック

ステンシルシートは便利なのですが、枠内の文字を刻塗りつぶすので、このような文字は彫刻できません。

そこが、レーザー彫刻の強みだと思います。

アルファベットのフォントは日本語よりも豊富なデザインがあるので、どのようなフォントにしようか迷います。

文字を彫るというより、線で書くほうが相性が良さそうなので、どんどん、よさそうなアルファベットブロックを作ってみたいと思います。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

こちらもおすすめ