文字の字体は、文字全体の印象を大きく決めます。

そこで今回は影がある字体をレーザー彫刻してみました。

セリアの木製ブロックでも、しっかりキレイに仕上げれば、とても良い感じになります。

セリアの木製ブロックにDIYのアルファベットをレーザー彫刻

セリアの木製ブロックにレーザー彫刻したDIYブロック

セリアの木製ブロックにレーザー彫刻してみました。

角を削って、ワックスで仕上げるとヴィンテージ風になり良い感じになります。

文字はDIYのイメージをしやすいよう、影がある文字にしてみました。

こうするとより一層DIY感が出てきました。

なぜ、DIYの文字を選んだかと言うと、好きだからです。

仕上げ前の比較

左が磨いてワックスで仕上げたセリアの木製ブロックです。

右は何もしていないレーザー彫刻しただけの木製ブロックです。

セリアの木製ブロックは軽くて色が薄く、そのまま使うには少し安っぽいです。

着色するか、なにかしら仕上げ材で表面に塗った方が良いと感じます。

私は木のそのままの質感を感じたいので、自然系のワックスで仕上げてみました。

けど、一般的には着色した物の方が人気なのかな?

セリアの木製ブロックにIを彫刻

文字に影があるIの木製ブロック

Iをレーザー彫刻。

細い所と太い線があるところはどうしてもレーザーが薄くなってしまいます。

そこで、少しレーザーを強めにあててみたのですが、それでもムラがでたので、細い線の部分はなぞるように彫刻しました。

セリアの木製ブロックにYを彫刻

文字に影があるるYの木製ブロック

レーザー彫刻はこう言った、影をつけて立体感が感じられる字体にすると、とても良い感じになります。

焦げが強くなりますが、力強さがあって私は好きです。

額の背景紙で撮影してみたけど、流石に平面に見える

レーザー彫刻したDIYブロックを額の背景紙の上に置く

こちらもセリアのフォトジェニックという背景紙で、額が印刷された物を使ってブロックを撮影してみました。

やっぱりDIYといえば、フォトフレームかな?っと思って。

ウッドブロックが立方体感があるものなので、背景紙の偽物感が丸わかりでした。

なるべく、平面の物を置いた方が良さそうな背景紙です。

それか、真上から撮影して、平面に見せたほうが良いのかな?

それにブロック3つじゃ、少し寂しい感じに・・・。

Iは上下反対に置いて撮影してしまっていたようです。

読めるのでこれはこれで良いかな?

文字ブロックのフレームを考えてみる?

文字をレーザー彫刻していると、文字だけでなく、縁も装飾したくなってきました。

レーザーは細かい模様を彫刻するのにうってつけです。

文字だけでは味気ないので、文字に合わせてデザインを考えたら、もっと素敵なウッドブロックができそうです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

こちらもおすすめ