ウォールナットの端材を使って、文字ブロックを作っています。

今回はよく使われるであろう「WELCOME」ブロックです。

玄関や結婚式、お店など、見栄えの良いディスプレイを求めて、ウッドブロックにたどり着く人も多いと思います。

木が好きな人ならシールやらペイントやらすると思いますが、レーザー彫刻すると彫るのでずっと消えません。

ウォールナットのブロックに「WELCOME」をレーザー彫刻

清潔感のあるウォールナットのWELCOMEブロック

ウォールナットのブロックを使ってアルファベットを彫りました。

レーザー彫刻は何でも彫刻できるけど、よく見かける、WELCOMEブロックを作ってみました。

背景はセリアのフォトジェニックという背景紙です。

白基調で清潔感があります。

磨きすぎて、若干凸凹に

英語ペーパーを使ったウォールナットのWELCOMEブロック

今度は下を英語ペーパーに変更しました。

お気づきでしょうが、ブロックの大きさが若干違います。

木工家ではないので、寸法の調整が難しい。

凸凹です。

ウォールナットは磨けばツルツルスベスベで、他の木と比べると木とは思えない質感になります。

その質感を追い求めると、どんどん小さくなってしまったと言う訳です。

どんなに上手くカットしようと、磨いているうちにサイズが違ってきてしまうので、加工が難しいと感じます。

上から英語ペーパーを背景に半円に並べてみる

半円に並べたウォールナットのWELCOMEブロック

英語ペーパーの上にWELCOMEブロックを並べて、上から撮影してみました。

せっかくの3cmの立方体のブロックなので、真上から撮るとブロックが平面になってしまうので、少しだけずらして撮影しました。

でも影が気になる所です。

WELCOMEはブロックが7個なので、バランスが良いです。

今度は円にして並べてみる

円に並べたウォールナットのWELCOMEブロック

横に並べる時は同じ大きさでないと寸法の違いがハッキリ分かりますが、上から撮影すると、ブロックの凸凹感がごまかせます。

ごまかしてはならないのですが・・・。

縁だとどこに置いても読めます。

ウォールナットのサイコロのアップ

ウォールナットのCをレーザー彫刻したブロック

サイコロの角は削ってあります。

レーザーも均等に当たって、彫刻しやすいです。

ウォールナットは暗い色なので、レーザー彫刻すると、焦げがあまり目立ちません。

ウォールナットは角が鋭利で、もう少し丸みを出したい所です。

今後の展開

こんな感じでブロックは欲しい人に販売。

ブロックの画像は撮影後、無料で配布しようと思います。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

こちらもおすすめ