写真とサイコロを飾って万年カレンダーにしたい。

総ヒノキの万年カレンダーは、少し重たい印象になったので、良さそうな立体額を探してきて、レーザー彫刻したヒノキブロックを飾ってみました。

額は自分で作るより、あるものを買ってアレンジした方が完成度が高いです。

立体額にレーザー彫刻したヒノキブロックを飾ってみる

立体額にL版の写真とヒノキのサイコロを入れた

買ってきた立体額にレーザー彫刻したヒノキブロックを並べました。

この立体額は奥行きがあるので、写真と小物を飾っておけます。

写真は2Lサイズまで入ります。

L版の写真だと、余白ができて小物も写真の邪魔にならず、壁も立体額のデザインとなり、クリアフォトフレームのようです。

奥行きが活かせるので、普通のフォトフレームよりアレンジがききます。

万年カレンダーとして数字ブロックを置いてみる

立体額に数字ブロックを並べて万年カレンダーに

写真を背面に持ってくる立体額なので、万年カレンダーにもできます。

レーザー彫刻したヒノキのブロックを並べてみました。

3cmのサイコロだと横に5個入れることができるので、後、曜日なんかも追加できます。

写真も気分次第で変えられるので、飽きにくいです。

WELCOMEスペースにもなる

レーザー彫刻したWELCOMEブロックとL版の写真を立体額に飾る

サイコロは横に5個しか入りませんが、L字にすることでWELCOMEスペースとすることができます。

省スペースです。

ブロックだけ飾ると少しさびしいですが、箱に入っているだけで、統一感も出るし、奥行きも生かせます。

写真は挟んで固定

立体額の透明樹脂板を取り出す

写真は樹脂板が2枚入っていて、挟んで固定します。

挟んでうまい具合に固定すれば、フレーム内のどこにでも固定できます。

アクリル板ではなくて、柔かいプラスチックです。

透明フィルムにモザイクブロックを印刷し、透け感を楽しむ

モザイクブロックを透明フィルムに印刷して立体額に飾る

透明なフィルムに小さなブロックを並べて撮影したものを印刷して、背面に飾ってみました。

モザイクアートです。

カメラのおもちゃで、透明な絵が印刷されたフィルムが仕組まれていて、カメラのスイッチを押すとフィルムが変わるっという物をご存知でしょうか?

そのフィルムを入れてます。

全面にはレーザー彫刻で作ったヒノキのブロックをおいています。

フィルムが透明なので壁に飾ったとき、壁も彩れます。

透明フィルムに印刷されたモザイクブロックが分かりやすいように背面から照明を当ててます。

壁に飾ると、フィルムの透き通った感じがまた、味わいがあります。

ヒノキの万年カレンダーは少し重たいイメージになってしまいました。

このミニ立体額なら異素材なのでバランスも良さそうです。

モザイクブロックを印刷したフィルムの透け感をライトアップ
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

こちらもおすすめ