レーザー彫刻は細かなデザインが得意です。

よくレースや花柄のデザインをレーザーで彫刻したものは見かけますが、ここまで使い道のないウッドキューブを作るのは私だけではないでしょうか?

使い道はないけれど、レーザー彫刻が面白くなって作ってしまいましたので、どうぞ、楽しんでいってください。

面白いウッドキューブ、「GAME OVER」を制作

GAME OVERとレーザー彫刻された30㎜の桐のウッドキューブをアンティークワックスのウォールナットで塗装

レーザー彫刻が面白くなってついついこんなサイコロを作ってしまいました。

「GAME OVER」のサイコロです。

3㎝の桐でできています。

アンティークワックスのウォルナット色で塗装

使いどころは不明ですが、作っているうちに、ゲームオーバーだ!!

っとひらめいて作ってしまった始末です。

桐は元は白っぽい木肌をしていますが、塗装次第でよりゲームオーバー感をだしてみました。

私が大好きなウォルナット色です。

木の自然な色合いも好きだけど、やっぱり塗装した方がレーザー彫刻が映える?

ミツロウワックスで仕上げた桐のウッドキューブ30㎜で文字はおめでとう

ナチュラルな仕上がりになるミツロウワックスも好きです。

でも、レーザー彫刻の良さを引き出そうと思ったら、色を付けた方がより深みが出ると思います。

塗装方法は色々あるけれど、アンティークワックスはミツロウワックスと同じ自然素材(蜜ろう)でできていて、木の呼吸を妨げず、人にも優しいワックスです。

こういった木目やレーザー彫刻を潰さないワックスで仕上げると木の良さがより感じられるような気がします。

「GAME OVER」のウッドキューブの元の色

GAME OVERとレーザー彫刻された30㎜の桐のウッドキューブの文字の面

桐の色はこんな色してます。

それがあんな濃い色になるなんて、ワックスさまさまです。

ついついお気に入りの色で仕上げてしまいました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

こちらもおすすめ