セリアで木製スイッチプレート(コンセントカバー)を見つけたので、レーザー彫刻してみました。

スイッチプレートはデザインが小さいと遠目から見たとき、デザイン自体が見えにくくなると思って、デザインをスイッチプレートいっぱいに彫刻してみました。

男前インテリア?になるように、ヴィンテージ仕上げで、No.1とレーザーで彫刻しています。

木製スイッチプレート(コンセントカバー)にNo.1をレーザー彫刻

セリアのスイッチカバー3個口をヴィンテージ風にレーザー彫刻した№1プレート

なぜ、No.1なのかというと、とりあえず、数字を使ったデザインが、男前っぽいかな?っと思ったからです。

あえて、整わないようにはみ出して彫刻しています。

所々削って木肌の濃淡を出してみる

ジャコビアンで仕上げたスイッチプレート№1

表面は、ヤスリの跡が見えるくらい、荒く削ってます。

ところどころ深く削って、経年変化を表してみました。

側面もジャコビアンで塗装

ジャコビアンで仕上げた横から見た木製スイッチプレート3個口、№1

あまりワックスがのらなかったのですが、側面もジャコビアンワックスで塗っています。

元々このスイッチプレートはブラウン色なので、そこまで塗装しなくても少しワックスを塗れば、それっぽくなりました。

兎にも角にも、今回は3個口のスイッチプレートで作ったのですが、2個口もあったので、同じNo.1を使ってレーザー彫刻したものも作りました。

木製2個口のスイッチプレートにNo.1を上下にレーザー彫刻

ジャコビアンワックスで仕上げた木製スイッチプレート2個口、ヴィンテージ加工

1個じゃ寂しかったので、上下にNo.1をレーザー彫刻しました。

表面はヴィンテージ風に仕上げたかったので、3個口の木製スイッチプレートと同じように荒く削ってます。

木の節が良い感じ

横から見たジャコビアンワックスで仕上げた木製スイッチプレート2個口、ヴィンテージ加工

わざと、節ありの木製スイッチプレートを選んだのですが、良い感じです。

裏面は少しだけ汚す感じで

ジャコビアンワックスで仕上げた木製スイッチプレート2個口の裏面

裏面は見える部分ではないので、少しだけジャコビアンワックスで塗ってみました。

表面を磨いていないので、ワックスがあまりつかなかったのですが、すこし汚す程度に塗ってます。

ジャコビアンワックスがあれば、なんでもヴィンテージ風になる

アンティークワックスのジャコビアンで木材を塗装すればなんでもヴィンテージ風になります。

あとは、表面を粗っぽくするのか、キレイにするのかで好みが分かれそうです。

スイッチプレートは、コンセントやスイッチの色は白色が多いので、ヴィンテージよりも、白色でアンティーク風に仕上げた方が良いのでは?っと思いました。

白色も今度作ってみたいと思います。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

こちらもおすすめ